文化としての自転車


最近友達と飲んでるときに

「地方でも車じゃなくて自転車で移動するような習慣があるところはカルチャーがある都市だよね」

という話になって、「なるほど!!」と思いました。

その子は那覇に住んでてそう思ったそうです。

自転車って単純に移動の道具としての部分と、カルチャーとしてのそれの二面性があるっていうことを

一般の人にわかって欲しいなってずっと思ってたんですが腑に落ちました。

わかりやすいのがBMXですかね??

移動の道具として中途半端だし、上手くなったところで収入が上がるわけではない

(プロレベルになれば別ですが)。

でもちょっとでも技ができるようになって、一緒にやる友達ができて、

ゆくゆくイベント一緒にやったり。。なんて風になると

自分の中でカルチャーとして確実に根付いてくるわけです。

音楽なんかも似てると思いますね。

フェスをよくやってる都市って魅力があるじゃないですか。

仕事して、帰りにイオンで買い物をして、家に帰るだけじゃ寂しくないですか?

一見無駄に見えるようなことって実は必要だし、心の豊かさにも繋がってくると思います。

ま、飲んでるときの与太話でした笑

 

 

 

テンチョー
Category
ご案内
入荷情報
イベント
メンテ&カスタム
chari-check!
チョイ話
Calendar
2022年8月
2022年7月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月